青赤亭ギョタ郎@下高井戸のブログ

FC東京をこよなく愛し、心から応援するブログ

飛び込みW杯を見て、危ぶまれる国際大会の開催

今年のACL東地区1次リーグの開催地が決定したようです。

 

日刊から。

ACL開催地決定、G大阪と川崎の1次リーグはウズベキスタン - ACL : 日刊スポーツ

 

ガンバと川崎が、ウズベキスタンで、期間は6月25日~7月11日。

 

名古屋とプレーオフ勝ち上がりが前提のセレッソが、

タイで、6月22日~7月11日。

 

昨年のように11月までズルズルと先送りされないで、

最初から集中開催が決まった点は、メリット。

 

デメリットは、昨年のような施設や環境の整ったドバイでなく、

中央アジアと熱帯という場所の問題でしょうか。

 

というのは、日本で開催した水泳飛び込みW杯ですら、

次のような有り様を露呈しているので、心配になった次第。

 

プレジデントオンラインから。

ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル 運営のやる気がまるで感じられない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

国際大会で来日した選手は、ホテルに缶詰め、まあここは、

然るべき練習場が用意されれば、飲めるところでしょう。

 

でも、食事が、毎食、コンビニ弁当のような宛てがい扶持に、

ご自由にと積み上げられたカップ麺の山では、

フィジカル維持が絶対要件である、アスリートに堪りませんね。

 

でも、コロナ禍の現状下で、精一杯できることがこれだけなら、

開催の是非から考え直した方が良いね。

 

当方は、五輪は国際公約みたいな一面もあるから、

無観客でやれる競技に絞って、開催すればよいと思ってました。

 

五輪の準備状況も、飛び込みW杯と変わらないなら、

恥かく前に、ごめんなさいして中止にした方が良いかと。

 

準備状況の本当のところを知りたいですね。fe fe

 

完敗の敗に東京はどう踏み出すのか

昨日のJ1第13節の対鹿島戦@カシマは、0-3で完敗の敗。

東京の状態は、緊急事態宣言を発せざるを得ないようです。

 

鹿島と東京は、似たような序盤の認識でしたが、

鹿島は、ほぼ、自分達のスタイルを取り戻していました。

 

鹿島が、本来とは異なる方向にミスディレクションしていた、

チームの将をすげ替えた効果が出てきたと思われます。

 

が、布陣模索中の東京は、深みにハマってしまったようです。

 

守備崩壊は、モリゲをCBに戻しても3失点する事実から見て、

モリゲのアンカー使いのせいではないことが、明らかです。

 

www.soccerdigestweb.com

 

リョーヤのコメント。

マリノス戦で、全員が食いつき過ぎてやられた。

 それに意識が行き過ぎ、全体的に今度は逆に下がり過ぎて、

 前線と中盤以降の後ろが嚙み合わなかった。

 

森重のコメント。

→自分たち次第でなんとかなるかなと思います。

 

ケンタ監督のコメント。

→もっと押し出して前線がアグレッシブに行く形を

 作りたかったが、少しいろんなポジションのことを言って、

 中盤の選手は特に後ろ髪を引かれて…

 

失点しないための指示で意識を後ろに行かせてしまった結果、

前線を機能不全にさせ、終盤の守備崩壊を招いたようです。

 

また、得点できず、失点が多いのは、バランスの問題であって、

各論的な守備の部分の問題は、選手に任せて大丈夫のようです。

 

チームのバランス、これが完敗の主因です。

 

なぜバランスを悪くしてしまったのかというと、

昨年の良い時のスタイルと較べてみれば、一目瞭然です。

 

これはひとえに、レアンドロがいないからです。

 

前線で、ボールをキープして運ぶことができるのは、

レアとディエゴだけです。

 

レアがいなければ、ディエゴを3人で囲んでしまえば、

相手としては、なんなく止められるので脅威になりません。

 

レアのボール運び、フィード、FK、これがなければ、

昨年からの積み上げは、まさに、砂上の楼閣に過ぎません。

 

モリゲアンカーの是非も、昨年の良い時をベースにした上で、

プラスアルファの武器にしなければ意味がありません。

 

レアは、自身の不出場は、コンディションのせいではなく、

監督の不起用にあるとツイートしています。

 

監督は、レアを起用しない理由を明らかにすべきですし、

レアは、監督の意向にプレイを合わせなければいけません。

 

もし、レアに問題があるのなら、ケジメをつけて契約解除し、

監督とフロントは、彼以上の代替選手を獲得する義務があります。

 

万一、監督に問題があるのであれば、監督交代ですが、

今の状態を好転する力量のある監督がいるかは疑問です。

 

まだ、レアを取るか、監督を取るかの事態ではないと思いますし、

話し合いを密にして、良い方向に進んで欲しいと願うばかりです。

 

一人一人が、優勝するために集まったことを思い出す必要がありますね。

東京 魔改造でリスタート

さあ今日は、J1第13節はアウェイの対鹿島戦@カシマ。

気が付けば勝点で並ぶ、中位対決。

 

東京も鹿島も、相手がどうとかでなく、自分達との戦い、

という似た境遇なのかもしれません。

 

ただ、鹿島は、既に監督交代という劇薬を使って立て直し、

上向きになって現在の勝点にいるという状況。

 

東京は、ルヴァン杯決勝の成功体験に乗っかって発進するも、

激しいノッキングを起こし、運転手が改造中です。

 

チュースポからその改造のニュース。

www.chunichi.co.jp

 

優勝のために愛車をFFに改造したのに上手く走らず、

FRに戻しての再出発となりました。

 

ケンタ監督のコメント。

今は、モリゲを、最終ラインに戻さないといけない状況。

 

モリゲアンカーで、エンジンを前目にダッシュしたつもりが、

ハンドリングがブレ過ぎて、遅々として進みませんでした。

 

エンジンを元のリアに戻して、ロケットダッシュを試みます。

 

諦めたら終わり。

まだまだ、リスタート可能な時期です。

 

あと、昨年はレンタルで出られなかったレアンドロ

今年は、完全移籍で鹿島戦に出られます。

 

開幕からなかなか調子は上がりませんでしたが、

今日の活躍で完全復活を遂げることを期待しています。

 

諸事情含め、最後は気持ちで上回って欲しいね。

Jリーグサポーターから政府への怒り

 言い出したらキリがなく、老害森会長の寿命に忖度して、

五輪を今年に決めた話にまで遡ったら、一日では終わりません。

 

ので、一点だけに絞って、どうしても納得できない怒りを放出。

 

東京公式から、5/19以降3試合は、5千人制限で開催と発表されました。

緊急事態宣言延長に伴う試合開催方針について |ニュース|FC東京オフィシャルホームページ

 

5/19(水) ルヴァンカップ予選第6節 対大分@味スタ

5/22(土) J1リーグ第15節 対ガンバ@味スタ

5/30(日) J1リーグ第17節 対広島@味スタ

 

5/31までは、緊急事態宣言発令下なので、

当然ながら、無観客試合になると覚悟していました。

 

観に行けないものが、5千人制限でも観に行けることになって、

良かったと考えるのなら、怒りも湧きません。

 

でも、騙されませんよ。

 

政府は、緊急事態宣言だと言って、既にチケットを売り切っている、

5/1(土)の試合を政府は無観客開催にしろとゴリ押ししてきました。

 

チケット払い戻し、警備員や出店予定店のキャンセル等、

クラブの負担が増えるのは明らかで、分かり切っているはずです。

 

昨年の緊急事態宣言時は、国全体が初めての事態だったので、

断腸の思いながら、予定試合の中止については、呑めました。

 

でも、昨年から、武漢ウイルス禍での新しい試合開催について、

Jリーグ各クラブは、ノウハウを高めてきました。

 

しかも、今年の1/4には、観客24,219人を入れた新国立で、

クラスターも出さず、何も、問題なく開催できています。

 

5/1(土)を無観客にしなければならなかった理由が分かりません。

 

政府が、過去実績、安全性およびメリデメ等の検証を抜きに、

安易に無観客を、国家の威光を笠に着て押し付けたきたわけです。

 

それが手のひら返しで、5/19以降3試合は5千人制限で開催O.Kとは、

全く理解に苦しみます。

 

5/1の状況と、5/19から5/30の状況とは、何が違うというのでしょうか。

 

一方で、若年層を中心に、東京都でやってないから、できないから、

川向うの川崎に映画を観に行くとか、BBQやりに行く、とかしています。

 

政府は、自分達のいうことを聞く弱者にだけ言うことを聞かせておいて、

好き勝手に振る舞う個人の行動には、全く見て見ぬふりを通しています。

 

当方も、GW期間中は、サッカー観戦は諦め、飲みにも行けず、

自宅でできることを楽しんで、全く、大人しくしていました。

 

不公平過ぎませんかねえ。

 

封鎖している河川敷でBBQしている輩に突撃したTVリポーターに、

逆ギレして威嚇してきた若者の姿を思い出すと…

 

せめて、5/1(土)の半日ぐらいは、サッカーのライブ観戦したかったと、

強い怒りが湧き上がってきます。

 

政府には、国家権力の裏打ちがある以上、是々非々の観点から、

良いものは良し、悪いものは駄目ときちんと措置して欲しい。

 

でないと、幾ら、緊急事態宣言の期間を伸ばしたところで、

緊急事態を是正することなんてできるわけありませんよ。

吉本は無理でも人力舎があるさ

東京も、サッカー以外にもWEB配信を拡充するなど、

実は結構やってることはやってます。

 

その証拠が、次の記事。

www.soccerdigestweb.com

 

東京の公式ツイッターに、ウヴィニの子供の頃の写真として、

次の4点を掲載。

f:id:gyotaroh:20210507102712j:plain

f:id:gyotaroh:20210507102725j:plain

f:id:gyotaroh:20210507102738j:plain

f:id:gyotaroh:20210507102753j:plain


3枚目は、実は、アーリアジャスールであることを、

東京公式で、すぐに、ネタバラシ。

 

投稿後、余り引っ張らず、すぐにバラしてしまう辺りが、

まだまだ川向うの先生には敵いません。

 

川向うは、今や、お笑いでもJリーグの吉本興業と化しています。

 

その証拠が、この記事。

www.soccerdigestweb.com

 

有吉の壁のチョコプラ長田がアドリブでデザート名を言うコントで、

名前が出てこず、急場凌ぎで、「川崎のフロンターレでございます」。

 

これをTVでオンタイムで観ていたと思われる川崎スタッフが、

一時間も経たずに、新商品を等々力で販売するとツイート。


商品名は、チョコのプラネット。

f:id:gyotaroh:20210507104739j:plain

 

もうこれには敵うクラブなしでしょう。

 

東京は、吉本を目指すのは無理なので、

なんとかJリーグの人力舎辺りを目指して頑張るしかないね。

 

価値あるクリーンシート

昨日のルヴァン杯予選第5節の対神戸戦@ノエスタは、スコアレスドロー

ひとまずは、予選グループ1位での勝ち上がりをお祝いしたいと思います。

ただ、ルヴァン杯を獲っても、リーグ戦てわ底辺のグループに落ちてしまう非情の世界。

という意味において、今回のクリーンシートは、後半、イニエスタとマシカが入っての無失点なので、チームを仕切り直す上で、大きな自信になったのかもしれません。

ウヴィニを核にした最終ラインは、リーグ戦に光明が見えてきました。

ルヴァン杯予選で仕切り直し開始

さあ今日は、ルヴァン杯予選第5節の対神戸戦@ノエスタ

突破は確定しているので、まさに楽天的な一戦。

 

開幕以来、試行策が上手くいかず頭の痛い状況ですが、

指揮官は前向きです。

 

チュースポから。

www.chunichi.co.jp

 

指揮官曰く、

「リセットせざるを得ない状況にきている。

 期待した選手が離脱し、カチッとした試合もできていない。

 また、一から構築していきたい」。

 

また、指揮官曰く、

全体ミーティングを開き、

「だんだんチームとしてのグループ戦術が薄れている。

 そういう約束事と、中盤の動き方の確認も、チーム全体でした」。

 

要するに、現布陣をリセットして、檄を飛ばしたということです。

 

基本的には、今は、敵がどうのと言える状況ではなく、

東京スタイルを再構築する必要性に迫られているわけです。

 

新外国人マシカや、イニエスタ小父さんが出てきたとしても、

そんなの関係ありません!

 

敵は、自分自身です。

 

死にもの狂いで守り、我武者羅に責めては敵陣ゴールに押し込む。

技術力の高い選手達に、足りないのはそれであることは明白です。

 

自分が必死に詰めなくても、誰かが防いでくれるだろう。

自分が撃たなくても、外国人助っ人が入れてくれるだろう。

 

クラブが消滅するかも、契約解除されたらやめるしかないかも、

というぐらいに背水の陣を敷けるかどうかですね。

 

 

正月のルヴァンカップ優勝で、自分達では意識していなくても、

無意識に天狗になっていたのではないかと自問して欲しいです。

 

新しい布陣で必死になることで、原点を思い出して欲しいですね。