青赤亭ギョタ郎@下高井戸のブログ

FC東京をこよなく愛し、心から応援するブログ

続ける勇気も必要だと思った清水戦

昨夜のJ1第24節の対清水戦@味スタは、よもや0-2の完敗。

下位相手に、いい人東京が出てしまっての敗戦は残念至極。

 

 

試合前、ドロンパがサイコロ連れてきたかと思えば、

京王電鉄のマスコット「けい太くん」でした。

 

 

清水が良かったのではなく、東京がドイヒーと見る向きもありますが、

正直なところ、当方には、清水が生まれ変わったように見えました。

 

清水は、1-3から終盤2点獲って追いついた前節の鳥栖戦で、

何か覚醒したのかもしれません。

 

以前の残留争いどっぷりだった清水は、前線は得点の香りせず、

守備も正直ザル守備と言ってよいレベルの緩さでした。

 

が、昨晩は、前線は補強戦力でフィニッシュできる力と、

必ず足を出してタダでは通させない意思を感じる守備力を見せました。

 

この後リーグ戦で、意外なかき回し役として存在感を見せそうです。

 

 

東京は、先制点の取り消しが痛かったですね。

VARが佐藤隆治と聞いて、嫌な予感はしていました。

 

寝転びながらも蹴り込んだ、素晴らしいアダの執念の押し込みを、

GKも反応できず、プレイに関与していないのにオフサイド

 

と思いましたが、映像観たら、モタモタ立ち残ったあの立ち位置じゃ、

抗弁できず、お願いだから邪魔だけはしないで10番と思った次第。

 

また、新戦力が入ってのことなのか、コロナで練習が消化不良だったのか、

オーガナイズできておらず、ゴールイメージが共有されずに終了した感じ。

 

むしろフェリッピのワントップを基軸に、ディエゴをトップ下で使うのが、

右がレアでも紺ちゃんでもリョーマでも上手く使ってくれそうな気がします。

 

立ち上がり、攪乱のためか、アダを右で使ってからのチェンジでしたが、

やはりアダは最初から左で使わないと時間の無駄ですね。

 

左SBは、カシフサイドが狙われているが明らかですが、

来年を見据えてカシフを育てる時期と割り切るしかありませんね。

 

川崎も、風間監督で花が咲いたわけではなく、蒔いた種が、

数年後になって百日紅のように長く咲き続けているわけです。

 

鹿さんチームは、思い切った舵取りをしましたが、

狸さんチームは、今のスタイルの醸成に徹してほしいです。

 

残りのリーグ戦、ACL出場権獲得を無理強いする気は毛頭なく、

来年に繋がるサッカーの基礎が固まるよう願っています。

 

良い縦パスが散見するようになったので、今は我慢の時ですね。

夏祭りにはワッショイが不可欠な件

さあ今夜は、J1第24節の対清水戦@味スタ。

敵はブービーなので、サクッと勝っておきたい相手です。

 

そして、第7波が来ている中での声出し応援検証試合になります。

 

クラスターが発生しないことを祈りつつ、自軍のチャントだけでなく、

実は清水のサンバが聞けそうなのも、楽しみだったりします。

 

チュースポは、試合前インタビューに玖生を取り上げています。

www.chunichi.co.jp

 

清水戦を前にした玖生のコメント。

➝自分たちのサッカーをやること。

 自分たちのサッカーを貫けば絶対に勝てる。

 

精一杯頑張るというありきたりのルーキーコメントではありません。

既に、ベテラン感のあるコメントです。

 

さらに、目標像についてコメント。

➝ゲームメークもできて得点に絡める選手。

 自分でボールを奪えたり、研究されても止められないような選手になりたい。

 

ルーキーがこのレベルで望んでいるチームなので、相手に乾がこようが、

北川が戻ろうが、ピカチュウゲットインだろうが関係ありません。

 

仮に先制されようが、90分間通して自分達の選手層を考えれば、

自ずからフィニッシュの眠らない街が聞こえてくるはずです。

 

絶対に勝てる準備をしたのだから絶対勝てるという自信が、

伝わってくる戦い方をみせて欲しいものです。

 

今夜も何度もワッショイさせて欲しいね。

 

 

 

 

 

 

 

東京のブルーノメンデスが退任

どの程度の影響が出るかが分からないので、受けとめ方が、

難しいというニュースが、東京公式からリリースされました。

 

東京のブルーノメンデスこと、フィジカルのガヴィランコーチが、

退任されたそうです。

www.fctokyo.co.jp

 

理由は家庭事情および本人希望による、円満退任となります。

 

アルベル監督とともに新潟から来てくれて、短い間でしたが、

新チーム立ち上げへの尽力には、素直に感謝いたします。

 

とはいえ、監督は最初から、アルベル東京完成には数年掛かると

言っていたので、何故このタイミングで、の違和感は残ります。

 

ポジティブに捉えれば、アルベル東京の基礎固め時期は終わり、

新たなタームに入ったタイミングであるのかもしれません。

 

ただ、日本のコロナ事情もあり、新潟と東京の住環境も極端に違い、

家族との暮らしを維持するのが難しくなったのだろうと思います。

 

そして、今のタイミングということは、地元スペインクラブでは、

新チーム編成の時期のため、声が掛かったのかもしれません。

 

半年でもファミリー、新天地での活躍を心から祈りたいと思います。

 

フィジカルコーチというのは、一年以上の長期の目線が無いと、

なかなか結果が見えにくい、難しくかつ重要な職分です。

 

選手の怪我を見越した選手層は大切ですが、サブ選手も、

レギュラー確約の移籍話には心が傾きやすいものです。

 

となると、やはり一年間、大きな怪我を招かないためには、

日頃のトレーニングから科学化されていないといけません。

 

良い後任を見つかて欲しいものです。

東京連勝の隠れた立役者 木本選手

現在、リーグ7位の東京。

勝点で並ぶ広島の下に位置するのは、得失点差が、広島が+6なのに対して、東京は±0だからです。

問題は、得点27が少ないと言わざるを得ません。

首位のマリノスは50得点で、ほぼ倍となっており、そこまででなくても、2位の鹿島が35得点くらいは目標とにしなくてはいけませんね。

一方、東京の失点27は、九州勢に大量失点したことを考えると、意外に、押さえていると言える数値です。

やはり、守備は改善されて、とても安定してきたように思います。

その守備陣でしっかり結果を出している立役者木本選手を、チュースポが取り上げています。
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.chunichi.co.jp/amp/article/519485%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

木本選手のコメント。
→今はボールを失わずに体力を整えながら
 試合を進められている。

ボールを保持するアルベル東京のサッカーと守備陣が、たいぶ馴染んできているようです。

広島戦では、我慢の守備が、攻撃陣の逆転ゴールを引き出す結果となりました。

攻撃陣も、上向いてきているようですので、基調となる堅守の継続があれば、上昇気流も夢ではありません。

木本&モリゲのいぶし銀コンビの活躍が不可欠です。

二人に、最後まで怪我がないことを祈ってます。

波多野発進の日は来るのか

昨夜は、ルヴァン杯準々決勝の1st legが行われたようです。

他人事のようですが、何せ、自分のクラブに関係ないニュースは、あまり目に入ってこないので。

その中で、福岡が、GK2人を含む控え選手4人で臨んだそうです。

そのことを日刊が伝えています。
https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/202208030001456_m.html?mode=all

なんと、控えGKの山ノ井選手、ろすたいむにですが、FWで出場したそうです。

これを聞いて一番興奮しているのは、我らが東京のあの方でしょう。

波多野選手がアルベル監督に、俺もチャンスがあれば絶対に出してくださいと直訴していそうです。

波多野選手が198cm の長身を活かしてゴール前で競ったら、本当に得点してくれる可能性があります。

正キーパーが、退場となった場合には、すぐに本職として、グローブをはめて、ゴールを守れます。

このニュースを見ていたら、GKのポリバレント性について、アルベル監督の頭の隅にインプットされたかもしれませんね。

なお、福岡の山ノ井選手、GKならではのことですが、スポンサーと、出場の際に必ず同社のグローブを着用しなければならない契約を結んでいるそうです。

でも、昨日は、フィールドプレイヤーだったので、素手でピッチにたったわけです。

すると、スボンサーから、SNSで、契約違反だとするコメントが入ったそうです。

でも、同コメントのあと、括弧書きで、ガンバレとも書いてあったことで、洒落で書かれたことが分かったようです。

くすぐり上手なスポンサーで良かったですね。

保健所判断で試合開催可否を決めるのは正しいか

武漢ウイルス陽性者の蔓延が、Jリーグに軋轢を生んでいます。

 

現在、陽性者が何人になったら試合中止にするかは、

保健所がチーム活動停止と判断したら、開催中止となっています。

 

開催可否が保健所判断に依るのはおかしいと報知が記事にしています。

hochi.news

 

鳥栖が8人の陽性者で、保健所からチームの活動停止の指示があり、

試合開催は中止としたのですが、川崎は、どうも事情が違うようです。

 

川崎の管轄保健所は、チームに12人の陽性者が発生している現時点でも、

チームの活動停止の指示が出ておらず、今夜も試合が開催される予定です。

 

川崎は、前節7/30のリーグ戦では、控えをGK3人、MF1人、FW1人という、

非常にいびつな体制で臨んで、浦和に1-3で負けています。

 

一方で、名古屋は、管轄保健所から活動停止と指示されていないのに、

勝手に指示されたと判断して、試合を中止にしてしまいました。

 

保健所の判断は、全国で見ると、大都市はなかなか活動停止にせず、

地方は簡単に活動停止にしやすいという対応に地域間格差があります。

 

記事は、全国一律に保健所判断で開催可否を決めるのは不公平なので、

リーグが一律の基準を設ける必要があるとしています。

 

確かに、地域間格差を加味せず、全て保健所判断に丸投げするのは、

どうしても不公平な取り扱いを生む原因だとは思います。

 

が、誰もが納得の公平感ある一律の基準って、できるのでしょうか。

 

単純に選手数としても、レギュラーと控えでは重みが違います。

それだと、差別の問題もあるし、選手の評価の問題も出てきます。

 

そもそも、陽性か否かの基準値も、外国と日本では違うこともあります。

なので、結局は、一律の基準なんて、絵に描いた餅だと思われます。

 

また、控えをGK3人+MF1人、FW1人とした川崎も極端なやり方で、

現状を見過ごすなと協会へ当てつけるためにしたこととしか思えません。

 

真っ向から、試合中止をチェアマンに直訴し裁定して貰うような、

方法を取ることもできたのではないでしょうか。

 

東京は、陽性者が増大していた3/2のルヴァン杯の控えには、

GK以外は、現役高校生とユースを含む超若手で構成する布陣で臨みました。

 

川崎も、GKを3人入れなくても、ユースの若手を入れられたはずです。

 

結局、今置かれた境遇の中で、最善の方法で戦う姿勢を見せるのが、

スポーツの世界で一番正しい方法だと思うのです。

 

地方の保健所が活動停止と簡単に言うのも、やはり都会チームと、

インフラやチームを支える人的基盤が弱いので仕方ないことです。

 

決して、不公平という言葉で括られる問題だとは思えません。

 

病気のことは、保健所判断を基準とするのは仕方ないと思いますよ。

出場枠が大幅増となるW杯2026年大会

2026年のW杯の出場枠に、大きな変更がありました。

日刊の記事から。
https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/202208010000487_m.html?mode=all&utm_source=AMPbutton&utm_medium=referral

2022年のカタール大会まで、全体出場枠が32ヶ国だったところ、その次の2026年の米、カナダ、メキシコ共催大会から、48ヶ国に増枠されることが決まりました。

しかもアジア枠は、4.5枠から8.5枠に大幅なアップとなります。

今まで事実上は、日本、韓国、豪州が固定されていて、それに上手くすれば中東が入る構図できました。

近年、アジア内も実力伯仲により、日本も予選突破が年々難しくなってきたところでした。

これでよもや、2026年大会も、予選敗退とはならずに済むでしょう。

でも、チーム強化の観点からは、単純に喜んでいられない側面はありますが、ここは、素直に出場国が多くなることを喜びたいと思います。

これで、日本、韓国、豪州がネックで可能性の低かった国も、W杯を本気で目指せるわけです。

具体的に言えば、中国、ウズベキスタン、タイ、ベトナムなどが、手の届く範囲になります。

また、サウジ、UAEイラクオマーンなどの中東国では、さらに凄まじい戦いが激化することになるでしょう。

増枠4にどこが飛び込んでくるか、今年のW杯が終わる前に、既に、次のアジア予選が楽しみになってきました。

ただ一点、残念なことは、開催枠国がなくなったことでしょうか。

これは、なんとしても我が国で開催したいという招致熱を冷ます方向に働きますので。

でも、だからこそ、今度こそ日本の単独開催ノライバルが減るというメリットになるかもしれませんね。